卵殻膜オールインワンジェルの効果徹底調査LABO

卵殻膜オールインワンジェルの効果について徹底調査した情報をお伝えします。
MENU

卵殻膜オールインワンジェルの効果

 

今注目の卵殻膜、ひとつの有精卵をヒナに孵化させるほどの栄養成分が凝縮されていることを考えれば、美容成分としてもすごい効果が期待できるはず。
そこで、その効果を最大限に引き出すためのオールインワンジェルとのマッチングについて考えてみました。
なぜ、オールインワンジェルなの?そのメリットの検証です。

 

卵殻膜の嬉しい効果は ズバリ、アンチエイジングと美肌

 

卵殻膜とは

卵殻膜とは、卵の内側にある薄い膜をいいます。

 

主成分は18種類のアミノ酸からなるタンパク質です。
人の体は60〜70%の水分と20%のタンパク質でできています。
タンパク質は栄養・血液となって身体をめぐり、各種の酵素、ホルモン、抗体となって身体を守ります。
そうして身体を維持する生命活動のほとんどを司っているのです。

 

そのタンパク質を構成するのがアミノ酸です。
アミノ酸は美容にも大きく関係しています。

 

お肌は、皮下組織、真皮層、表皮層の3つの層でできています。
アミノ酸は表皮層の天然保湿成分NMFを造ります。

 

つまりアミノ酸はお肌の潤いを保つために必要な成分。
また、真皮層を構成するコラーゲンもアミノ酸でできています。
お肌のハリや弾力を保つ役割も果たしているのです。

 

こうして、18種のアミノ酸で構成されるタンパク質が主成分である卵殻膜は、美容と健康を保ち、生命活動を司る原料となるのです。

 

卵殻膜はなぜアンチエイジングと美肌に効果を発揮するの?

 

繊維芽細胞の活性

卵殻膜の嬉しい大きな効果のひとつは、繊維芽細胞の活性。
線維芽細胞とはお肌の深部、真皮層にあり、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成する細胞です。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは、お肌のハリ、潤い、弾力を保つ役割を果たしています。
その生成が減少すればたるみやシワなどの深刻な肌老化につながってしまいます。

 

卵殻膜は体内に取り入れられるとミトコンドリアという小器官に変化して線維芽細胞を活性することで、肌老化を防ぐ効果を発揮します。

 

特に注目すべき効果のひとつとして、卵殻膜はⅢ型コラーゲンの生成を促すというところがあげられます。
Ⅲ型コラーゲンとはハリ・弾力に深く関わりがあり、食材やサプリからは補えず、補給を可能にする美容成分として最も期待できるのが卵殻膜になるのです。

 

新陳代謝を促進

卵殻膜を構成するアミノ酸には「シスチン」という成分が全体の15〜18%も含まれています。
シスチンは体内で「L―シスチン」に変化し、メラニンの生成を抑え、肌の新陳代謝を促進する働きをします。
つまり美肌効果につながります。

 

卵殻膜とオールインワンジェルのマッチング、なんで?オールインワンジェルなの?

 

改めて考える、オールインワンジェルの役割ってなに?

オールインワンジェルが、化粧水、美容液、乳液、クリームの役割をひとつでこなす化粧品だってことはご存知ですよね。

 

美容成分には水溶性のものと脂溶性のものが存在します。
オールインワンジェルとは、本来なら水溶性成分を補うために化粧水、脂溶性成分を補うために乳液やクリームを使い分ける必要があったのが、形状をゲル状にすることで水溶性・脂溶性成分を同時に配合することが可能になった新しいテクノロジーのひとつ。

 

美容成分の性質に影響されずに配合が可能になることを意味しています。

 

化粧水には角質層を柔らかくする(結合を緩める)ことでその後の美容成分の浸透を助ける役割もあります。

 

卵殻膜の美容成分は水を加えることで起こる「加水分解反応」によって、加水分解卵殻膜エキスになります。
だから、卵殻膜は化粧水、美容液にも配合が可能なんです。

 

それなら、化粧水を塗布して浸透効果が上がった状態で補給したいですよね。
これが卵殻膜が美容液やオールインワンジェルで配合される理由だといえるのではないでしょうか。

 

注目! 卵殻膜とオールインワンジェルのマッチング、その相乗効果は?

 

オールインワンの利点のひとつは、ジェル状だから、すぐに蒸発してしまう液体と違って長くお肌に留まっていること。
それだけ成分の浸透効果が期待できます。

 

卵殻膜はお肌の深部(真皮層)と表部(表皮層)に作用します。
真皮層に作用して線維芽細胞を活性、コラーゲンの生成を助け、アンチエイジング効果を発揮します。
表皮層に作用してメラニンの生成を抑え、新陳代謝を促進します。

 

オールインワンジェルの効用で、卵殻膜をお肌に長く留めることで、広範囲にしっかり栄養を補えることが期待できるものと思います。
しっかり浸透を期待するなら、2度・3度の重ね塗りや、美容液・クレンジングとのライン使いもおすすめです。

 

気になるアレルギーや副作用は

卵殻膜には卵に反応するアレルギー成分が含まれていません。
これまでに卵殻膜によるアレルギー症状も報告された例はないということ。

 

中国では古来より皮膚疾患や傷の修復にも使用された漢方薬としても利用されていました。

 

まとめ

卵殻膜は真皮層・表皮層に作用して、しわ、しみ、たるみ、乾燥など、あらゆる肌トラブルに効果を発揮する美容成分なんだといえると思います。
しかも、身近にある食品だからお高くない。
これは嬉しい特徴です❤️

 

たとえどれだけ効果が高くても、コスパの面で長く続けられなければ意味ありませんものね。
そういう意味でもおすすめです♪

 

参考サイト
卵殻膜のアルマード公式サイト
女医厳選!卵殻膜美容液(化粧品)おすすめランキング&口コミ特集

卵殻膜利用の美肌づくりについて

 

美肌づくりは年齢問わず、そして最近は男性向けケア商品に見るように、男女問わず関心が高いようです。
美肌づくりに欠かせないことは、毎日欠かさずに続けることです。

 

時間的、金銭的に見て「これなら無理なく続けられる」というケアこそ大切なのです。

 

化粧水にお金をかけることも良いでしょう、1時間の半身浴で汗を流すことも、街中のエステでパックすることも、カリスマモデルが飲んでいるものと同じスムージーを行列に並んで飲むことも、どれも美肌には効果的です。

 

しかしこれらは週に1度か月に1度の「スペシャルケア」。
毎日はとても続かないのではないでしょうか。

 

洗顔後のいつもの化粧水、食後に食べているヨーグルト、湯船につかりながらやっているマッサージ、毎日の習慣になっているこういった当たり前のことが、美肌づくりには大切なのです。

 

化粧水はただ塗り広げるだけではすぐに蒸発してしまいます。
手のひらでひと肌に温めてから肌に乗せることで、浸透しやすくなります。

 

ペタペタと叩き込むのではなく、ギューッと押し込むようにして手のひらを密着させることがポイントです。
始めは弾かれてしまう化粧水も、徐々に肌が吸い込み始めるのを感じることができます。
これを何度か繰り返したら、乳液やクリーム、美容液でしっかりとふたをしてお肌に閉じ込めます。

 

ヨーグルトを食べ続けることは、腸内細菌の正常な活動を促します。
ホットヨーグルトにしたり、食物繊維を含むグラノーラや青汁を混ぜたりして食べれば、効果はさらに上がるでしょう。
腸の活動が活発になり、お通じが良くなれば、デトックス効果でお肌もきれいになります。

 

湯船につかって肌の血流やリンパの流れが良くなった時にマッサージを行えば、より発汗が促され老廃物の排出もスムーズになります。
ターンオーバーも盛んになり、肌のくすみやシミの防止にもなります。

 

毎日のこういった当たり前の習慣こそが、美肌づくりには大切なのです。
それにプラスして、高級ケアや、エステなどのスペシャルケアを取り入れるのと理想的だと思います。

このページの先頭へ